シニアチュール

世代から世代へと受け継がれるノウハウ

ぶどう栽培が数世紀にわたり存在してきたこの地方では、時間をかけて世代から世代へとノウハウが受け継がれてきました。 今日の企業の中には栽培者の12代目、13代目、14代目という人もいます。
今日、バトンを受け継いだ新しい世代は、親世代よりもさらに質の良い教育を受け、世界各地のぶどう栽培を見て回ることで、伝統と現代性を結びつけています。


シャブリ/Chablisには300軒以上のドメーヌと、生産量の4分の1を占める一つの協同組合があります。そして取引数の4分の3を、上位15社のネゴシアンが占めています。