シャブリのクリマ/CLIMAT:ミクロ・テロワール

ヴォーデジール/Vaudésir

Prononciation - Chablis Grand Cru Vaudésir    Prononciation - Chablis Grand Cru Vaudésir

シャブリ・グラン・クリュ・ヴォーデジール/Chablis Grand Cru Vaudésir 

シャブリ・グラン・クリュ/Chablis Grand Cru としては、相当に魅力的な名前ですが、そもそもずっとこのように呼ばれていました。

 

ヴォーデジール/ Vaudésirは、シャブリ・グラン・クリュ/ Chablis Grand Cru の7つのクリマ/ Climats の一つです。自然のすり鉢状の中にひっそりとたたずみ、15.4haをカバーします。ヴァルミュール/ Valmurと同様に、2つの向きを享受しています。風から守られた小さな渓谷の中で、南向きの斜面では、ぶどうが最適な熟度に達することができます。より冷涼な北向きの斜面は、爽やかさを保ち、より成熟が遅いです。他のどの場所よりも、ここでは、区画の位置がワインのスタイルに重要な役割を果たします。ヴォーデジール/ Vaudésirのその他の特徴? それは、表土に粘土質が多いことです。しかし土壌は、キンメリジャンの石灰質の泥灰岩と、典型的です。

ヴォーデジール/Vaudésir

特徴,歴史と伝説 

  • 「相反するものが引き合う」というのが、このシャブリ・グラン・クリュ/ Chablis Grand Cru のスローガンと言えます。ヴォーデジール/ Vaudésirは実際、その複雑さを隠しません。エレンガスと力強さが共存し、頂点に達するのです。冷涼な部分と、より日照に恵まれた部分という2つの表情が見事に理解しあい、このクリマ/ Climatの特別な形と共鳴していくのです。シャブリ・グラン・クリュ/ Chablis Grand Cru の丘の他のクリマ/ Climatと同様、ヴォーデジール/ Vaudésirは、数年は静かに置いておかれることを好みます。その熟成能力は、6~10年で頂点に達します。
  •  
  • « ヴォーデジール/ Vaudésir... それは命令»  この魅力的な名前は避けて通れないものです! 15世紀、このクリマ/ Climatは、« vau daisey »と示され、その後は« vau daisy »、« valdesay » あるいは « valdaisay »とも綴られていました。古いフランス語でHaitという言葉は希望、願い、願望を意味します。「願いの谷« val des haits »」から « vau des haits »、そして « vau désir » へ変化したと考えられます。1770年にはすでに、「ヴォーデジール/ Vaudésir」という名称が存在しています。
  • 他の説明は、あまり魅力的ではありません。中世の時代、生産者の中に、多くの« Desay »という名前の一族がいたというものです。「Desay の渓谷« vallée des Desay »」が、ヴォーデジール/ Vaudésir
    になったとするものです。