シャブリのクリマ/CLIMAT:ミクロ・テロワール

ヴァルミュール/Valmur

Prononciation - Chablis Grand Cru Valmur    Prononciation - Chablis Grand Cru Valmur

シャブリ・グラン・クリュ・ヴァルミュール/ Chablis Grand Cru Valmur 

シャブリ・グラン・クリュ/ Chablis Grand Cru のクリマ/ Climatであるヴァルミュール/ Valmurの名前は、石垣か、キイチゴから取られたのでしょう。

 

ヴァルミュール/ Valmurは10.5haに広がり、シャブリ・グラン・クリュ/ Chablis Grand Cru の7つのクリマ/ Climatの一つです。すり鉢状の形で、南から西に向いています。この特別な形のおかげで、日中の最も暑い時間帯の日照を受けることができます。また、北/西向きもあります。これが、爽やかさを与え、ぶどうがよりゆっくりと成熟します。キンメリジャンの泥灰岩の上に広がっていますが、表土にはばらつきも見られます。斜面下部の表土はより深く、茶色ですが、上部の表土は、痩せていて白いです。ヴァルミュール/ Valmurの頂上には、泥灰岩の層が露出しています。

ヴァルミュール/Valmur

特徴,歴史と伝説 

  • ヴァルミュール/ Valmurは、2つの個性を持っています。顕著な爽やかさと、日照量が際立つ側面とが絶え間なく共存しています。この二重性により、主要な特徴、特に、力強さと複雑さが形成されています。日照に恵まれているという側面では、ミネラル感、味わいの長さ、厳格さ(特に最初の数年)です。ヴァルミュール/ Valmurは、バランスが良いワインの好例です。その熟成の可能性は10~12年です。

 

 

  • ヴァルミュール/ Valmurは、長きにわたり形成されてきたものです。ぶどう樹はこの場所に1233年にはすでに植えられていました。16世紀には« vallemeur »と綴られていたその名前の語源には、2つの可能性があります。当時、一部の区画のまわりを囲んでいた木苺の実が、« Meures » あるいは « Meuriers »と呼ばれていたというものです。このために「meuresの渓谷« vallée aux meures »」と呼ばれたわけです。ヴァルミュール/ Valmurはまた、石垣に関連する« meurs »あるいは« murgers »から来たとも考えられます。所有地を限定するために作られたか、ぶどう畑のそばに石を積み上げて作られたのでしょう。いずれにせよ、その環境が名前に影響を与えたのでしょう。