シャブリのクリマ/CLIMAT:ミクロ・テロワール

コート・ド・レシェ/ Côte de Léchet,旗印となるクリマ/CLIMAT

Prononciation - Chablis Premier Cru Côte de Léchet    Prononciation - Chablis Premier Cru Côte de Léchet

シャブリ・プルミエ・クリュ・コート・ド・レシェ/Chablis Premier Cru Côte de Léchet 

ある時期、放棄されていた丘、あるいは湿った渓谷に育つ植物のことでしょうか? このシャブリ・プルミエ・クリュ/ Chablis Premier Cru の名前の語源には、複数の仮説があります。 

 

コート・ド・レシェ/ Côte de Léchetは単独で51haあり、左岸において、ここだけ恵まれれた環境にあります。傾斜は場所により斜度38%に達し、急傾斜により、日照にとても恵まれたテロワール/ terroirです。ここでは、ぶどうは特別に速く熟し、収穫は全般的に早いです。株の根元には、ありのままの美しいキンメリジャンの泥灰岩があり、粘土と、「ウサギの土地« terre à lapins »」と呼ばれる、凍結と霜で変質した一種の石灰質砂岩に覆われています。傾斜があるので、雷雨で流れてきた小石が、コート・ド・レシェ/ Côte de Léchetの下部でたまっています。これらの土壌は水はけの良さに役立ちますが、生産者にしてみれば、定期的に土を上に持っていく根本作業
を行わなければならないのです!

コート・ド・レシェ/ Côte de Léchet

特徴,歴史と伝説 

  • 日照に恵まれたテロワール/ terroirということは、太陽にあふれたワインということ!コート・ド・レシェ/ Côte de Léchetも、この法則の例外ではありません。よく熟したぶどうは、ワインに強烈な果実味を与え、それは繊細なミネラル感により活性化されています。このため、このクリマ/ Climatは、肉付きがあり、表情豊かなワインのカテゴリーに入ります。若いうちから飲むことができ、最初の5年以内に飲むことが勧められます。
  •  
  • このクリマ/ Climatの名前にも、多くの語源があります。一つには、放棄するという意味の« lâcher »という動詞を関連付ける考えがあります。この丘は、時と共に放棄されていたのでしょうか?別の考えでは、« laîche »という単語を主張しています。これは、湿った谷底に育つ植物のことで、コート・ド・レシェ/ Côte de Léchetの谷底を映し出したのかもしれません。その他の説では、古いフランス語のlècheという言葉で、少量の食糧を意味します。ぶどうがほとんど実らなかった難しいヴィンテージと関係しているのでしょう。