ヴィンテージ・ブーム

ヴィンテージにはそれぞれ歴史がある

ヴィンテージにはそれぞれ歴史があり、ワインを表現する一連の行事・重要な瞬間・特徴があります。まずは春:シャブリ/Chablisでは、遅霜はつぼみにとっては常に脅威です

しかし、安定した天候と日照量の日もあり、開花と果実の結実はこれに左右されます。涼しく不安定な春には花振るいの被害が現れることがあり、その年の生産量が影響を受けます。

早熟は常に一定のリスクを伴うので、生産者は、暑くて乾いた春を涼しく湿度のある春と同じくらい恐れています: 3月や4月にぶどうのつぼみが膨らんでいるのに、5月中旬の氷の聖人の期間中に運悪く霜が降りたりすることがあります。 

 

夏も重要で、ぶどうの木の成長と実の成熟にリズムを与えます。しかし、生産者は言います:ヴィンテージの決め手となるのは9月です。

最後の数週間、ときには最後の数日が、ヴィンテージの特徴を完全に変えてしまうこともあるのです。理想は、暑くて乾いた日中と涼しい夜が交互になる夏の終わりの季節です。 昼と夜の温度差により、ぶどうは酸味を保ったまま熟します。 ぶどうのバランスはそのままで、皮も成熟します。
 

 

  • 太陽のヴィンテージと地球のヴィンテージ

 

シャブリ/Chablisのヴィンテージを2つのカテゴリに分類できます。フルーティーなワインを生み出す真心のヴィンテージと、 より繊細で、構造がよりはっきりと見える新鮮なヴィンテージです。果実の成熟度が非常に高いため、フルーティーな香りが引き出され、時々わずかにスパイシーな芳醇な香りがワインの前面に出てきます。より新鮮なヴィンテージは、より繊細なワインをもたらし、果実はより控えめで、ミネラル構造はより純粋で、味わう場合と同様香りでも分かります。 これらの年では、土壌が優位です。

ヴィンテージにはそれぞれ歴史があります
質と量
  • 質と量

 

1983年、1990年、2018年は、品質と量が両立していることを証明するヴィンテージです。フィネスを失うどころか逆に増すこともあり、また熟成のポテンシャルや個性のも失うことなく、大量に生産することができるのは、シャルドネ/Chardonnayの魅力の一つです。とはいえ、数量の概念については認識の一致が必要です。
シャブリ/Chablisの北部地域としての特徴と貧しい土壌は、生産を自然に緩和する不変の要素です。生産過剰はありえないので、何よりも重要なのは植物の自然なバランスであり、春から夏の気象条件は自然に美しいぶどうを生み出すことができます。 重要なのは、ぶどうの木をバランスの取れた状態に保ち、品質を損なうことなく成熟させることです。

 

著作編集時のサンドリーヌ・オードゴン氏の業績のデータと原稿
「シャブリ/Chablis, テロワール/terroirの透明感ある表現」

2010年以降のヴィンテージ

2010年以降のヴィンテージ

 

シャブリ/Chablisの最近のヴィンテージ

もっと詳しく
1996年~2009年

1996年~2009年

 

2つのミレニアムにまたがるヴィンテージ

もっと詳しく
優れたヴィンテージ

優れたヴィンテージ

 

伝説的な比類なきヴィンテージ

もっと詳しく