• 友達に送る
  • 印刷する

サービスの仕方

  • 適温

ワインを評価するのためには、適温で提供する必要があります。プティ・シャブリ/Petit Chablisは、アペリティフであれば8℃程度、食卓では9~10℃が理想的です。シャブリ/Chablisシャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cruは10~11℃で、シャブリ・グラン・クリュ/Chablis Grand Cruは12~14℃で飲まれるワインです。

  • キャップシールをうまく切り取る

キャップシールはボトルの首のくびれの下で切り取り、注ぐ際にワインがキャップシールに触れないようにします。ソムリエナイフで切り取りますが、きれいに切ることができるキャップシールカッターもあります。その後、湿らせたトーションで瓶口をきれいに拭きます。

  • やさしく抜栓 する

シャブリ/Chablisワインの抜栓の仕方コルクの抜栓は、静かにゆっくりと行わなければなりません。 コルクスクリューの先端をコルクの中心に差し込み、ゆっくりとねじこんでいきます。 先端がコルクの中で固定されたら、コルクスクリューをゆっくりと持ち上げます。その後、コルクが割れないようにゆっくりと引き揚げながら、完全にコルクを抜きます。瓶口を再びきれいに拭きます。周囲に供する前に、ワインを試飲してもよいでしょう。

  • シャブリ/Chablisワインをカラフに移す

大半のシャブリ/Chablisワインは、ボトルから直接注ぐことができます。中には、若いうちに飲む場合、カラフに移すと良くなるものもあります。ワインを30分後にサービスしてください。ワインが開き、アロマがより一層感じられます。 もちろん、食卓をよりエレガントにするために、ワインをカラフェに移すことも可能です。

  • 適切なグラス

シャブリ/Chablisワインのサービスの仕方グラスの違いを感じるのは簡単です。形状が全く違うグラスを2つ用意し、同じワインを注いで試飲してください。その違いにきっと驚くことでしょう。 グラスは、ワインの表現に重要な役割を果たします。ワインを手で暖めないようにするために、グラスには脚がついていなければなりません。グラスの下部は広がり上部は狭まっている、チューリップのような形をしていなければなりません。これはグラスの上部にアロマを凝縮させるためです。
そして、ワインを一度にたくさん注ぎすぎないこと!ワインが十分に開くために、ワインがグラスの中で動き、息をするスペースを残してください。

  • 滴なし、汚れなし…

シャブリ/Chablisワインのサービスの仕方注ぐ際に滴を落とさないように、ドロップストップという便利なグッズがあります。フェルトやメタルでできており、ボトルの瓶口に差し込むタイプや、円盤状の形をしていて丸めて瓶口に差すものもあります。このグッズを使うと、完璧に注ぐことができます。