• 友達に送る
  • 印刷する

ヴォージロ/Vaugiraut

ヴォージロ/Vaugiraut

シャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cru(左岸)

「ヴォージロ/Vaugiraut」 はおそらく 「Giraut」という一族の名前に由来する。Giraultの谷、あるいはGirautの谷。

  

 

ヴォーロラン/Vaulorent

ヴォーロラン/Vaulorent

シャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cru(右岸)

1267年に「Vauz Loranz」との記述が残るこの名前は、この土地の所有者であった「Laurent 」という人の名前から来ている。Laurentの渓谷 「Vallée au Laurent」。

  

ヴォーピュラン/Vaupulent

ヴォーピュラン/Vaupulent

シャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cru(右岸)

古いフランス語で「大衆、群衆」を意味するPole、 Puleという言葉から、「Pulluler」「Populaire」「Populace」という言葉が生まれた。「ヴォーピュラン/Vaupulent」は、おそらく複数の所有者がいた渓谷の名前である。その他には、強いにおいを放つ野生動物にも使われる「Purlent」や「Pulent」という言葉に由来するというもの。穴熊やムナジロテンなどが、谷底に巣穴を掘って住んでいたのかもしれない。また、古いフランス語にあるPuelと言われる若い植物から来ていることも考えられる。
多くのぶどう栽培者が若い植物を植えた丘と渓谷。この語源説がもっとも可能性が高く、もっともエレガントなものだろう。しかし、「ヴォーピュラン/ Vaupulent 」は、セラン川の広い平野Plaineに続いている渓谷Valléeという意味で、「Vauplaine」、「Vaupulaine」から来たとも考えられる。

  

ヴォー・ラゴン/Vaux Ragons

ヴォー・ラゴン/Vaux Ragons

シャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cru(左岸)

複数形なのは、複数の小さな渓谷がこの土地に集まるように出来ている地形だからである。「ヴォー・ラゴン/ Vaux Ragons」の名前は、「Ragon」という一族の名前から来たと考えられる。かつて、隣村のベーヌ/Beinesでいくつかの所有地を持っていた一族である。

  

ヴォスグロ/Vosgros

ヴォスグロ/Vosgros

シャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cru(左岸)
旗印となる主要クリマ/Climatの一つ。

「Vogros »(ヴォスグロ/Vosgros)」や「Vosgros(ヴォスグロ)」と発音される「ヴォスグロ/Vosgros」は、この地域の他の多くのリュー・ディ/lieux-ditのように「VAU」とは書かず、 「VOS」と書く。それはなぜか。おそらく、この名前は渓谷Valléから来たのではなく、道Voie、つまり、この渓谷の2つの斜面を分ける大きな道から来たと考えられているからである。大きな道の渓谷< Vallée de la grosse voie >。「Vau」は長い時を経て 「Vos」に変化することがあるため、この説を断定することはできない。このため、他の名前のほとんどがそうであるように、渓谷Valléeから来たという語源説が有力である。大きな谷を示す Grande Vallée、Grosse Vallée、 Vaugrosse、これが縮まってヴォスグロ/Vosgrosとなったと考えるのが、最も説得力があるように見える。というのも、この渓谷はかなり短く、このため道も太くなく、この地方を西から東へと通る主要な道はもう少し南にあったからである。その他の可能性としては、「Gros」という一族がこの渓谷の土地を所有していたことから来たというもの。「グロの渓谷 < Vallée à Gros >」。